建築インプロヴィゼーション

私の中にある「即興性」が、私の「建築」に浸透するその日まで、ひたすら基礎練を積むブログです。

今日、夕方、車の運転をしました。

私が持っているのは、運転免許証ではなく、仮運転免許証です。そうです。路上に出たばかりなのです。

 

今日の運転は、午後の5時からで、ちょうど暗くなりかけの頃。1時間の教習が終わる頃には、辺りはすっかり暗くなっていました。

 

今日私が路上に出たのは、これで5回目。こんなに暗い時間帯は、初めてでした。

 

別に、こう書いたからと言って、事故ったわけではありません。でも、非常に危なく、非常に怖かったのです。

 

具体的には、標識が物凄く見えづらく、金曜日の夜ということで、交通量もやたら多く、そして、初めてのコースを走ったからです。

 

更に、一昨日頃から、自分の体調があまりよろしくなく、走ってる間中、何となく浮ついた感じでした。

 

こういう時に、事故は起きるものなのだな、と、はっきり認識しました。

 

夕方、仕事終わりで、体は疲れている。周りの車や自転車、歩行者も、何となく浮ついてる感じがありました。

 

本当に、実に、怖かったです。

 

私は、明日の夕方から、次の路上教習を予約していましたが、2,500円のキャンセル料を払って、キャンセルしました。

 

次の日曜日の朝、改めて路上教習がありますが、その時間帯は、交通量も少なく、先生にも、少し軽めにしてほしいと、お願いしたいと思います。

 

正直に言います。私は、昨日の教習で、何となく上手く走れたような気になり、どこか運転を軽く思ってしまった節があります。

 

事故が起きてからでは、遅いのです。私は、猛反省しました。しっかりと勉強して、毎回毎回の教習を、これからは万全の態勢で臨んでいきたいと思います。そして、運転免許を取ってからも、絶対に事故を起こさないという確信の下、常に運転をしていきたいと思います。

 

幸い、卒業検定までには、まだ14時間あります。多くも少なくも、ないのだと思います。与えられた時間の中で、最大限に緊張感を保ち、運転の知識をできるだけ多く身に付け、危険を一つでも少なくするための技術を、身に付けていきたいと思います。

 

 

運転というものは、人の命に関わるものです。一瞬でもそのことを忘れてはいけないのだということを、今日、強く感じました。少しでも、この思いを、皆さんと共有できたら、と思ってやみません。